タイでラインは使えるのか?|バンコクでスマホを使う方法

タイでラインは使えるのか?|バンコクでスマホを使う方法

タイのインターネット事情

タイ,ライン,WiFi
とても楽しみなタイ旅行。

 

友人や家族とのタイ旅行で、お互いに連絡をとるためのラインや、グーグルマップを使いたいですね。

 

また、日本で使っているスマホをそのまま使えたら便利です。

 

タイでラインを使う方法や、日本のスマホをそのまま使う方法を紹介します。

実はドコモ、ソフトバンク、auはそのまま使えます

海外旅行で心配になるのが、お互いの連絡手段ですよね。

 

実は、タイ、バンコクに限らず、多くの国で日本のスマホはそのまま使うことができます。

 

日本で普及しているスマホのほとんどは、ドコモ、ソフトバンク、auですね。

 

各社公式ホームページを見ると、タイの通信量と通話料が確認できます。

 

通信料が高い

タイ国内で友達と連絡する場合、1分75円。

 

日本の友人や家族に電話する場合、1分175円、となっています。

 

また、着信する場合も料金が必要で、1分155円です。

 

海外で通話したい場合、ほとんどの場合緊急の連絡だと思います。

 

よって、この値段はそこまで高いと感じることは無いと思います。

 

一方、通信料は2つのプランが用意されています。

 

タイの場合、24時間980円で30メガバイトまで使えるプランです。

 

30メガバイトというのは、ラインで写真や画面キャプチャを送ったら一瞬でなくなります。

 

また、スマホのアプリが自動で通信しているため、即無くなる容量です。

 

 

もう一つのプランが容量無制限で使い放題のプランです。

 

これは非常にありがたいのですが、1日2980円もします。

 

3泊5日のバンコク旅行で1万5千円、高すぎですね。。。。。

 

大手三社の料金もほぼ横並びです。
ドコモの通話・通信料
ソフトバンクの通話・通信料
auの通話・通信料

格安SIMは海外で使えない

最近、通信料、月額料を下げる目的で、格安SIMを使っている人が多いですね。

 

代表されるのが、UQモバイル、楽天モバイル、mineo、などです。

 

これらのSIMは,海外のローミングに対応していないため、通話や通信ができないことが多いです。

 

また、通話に関しても品質は保証されていないのが現状です。

 

 

よって、タイでスマホを使いたいとき、日本のスマホをそのまま持って行っても、使えないか、料金が高額になります。

 

 

そこで、タイでスマホを使う最適な方法は2つ。

 

一つはWiFiレンタルを利用することです。

 

サイトから申し込めば、後は出発前に空港で受け取り、帰国後に返却ボックスに入れるだけです。

 

現地で電源を入れて、機械に貼ってあるパスワードをスマホに入力するだけで簡単です。

 

WiFi レンタルの意外なメリットは、1台レンタルすれば皆で共有できることです。

 

家族や友人の代表1名が持っていれば、全員がWiFi レンタルに接続し、インターネットを楽しむことができます。

 

もちろん、ライン(LINE)もそのまま使えます。

 

ちなみにWiFiレンタルで最も人気なのがイモトのWiFiですが、グローバルWiFiの方がつながりやすくなっているので、こちらをおすすめします。

 

特に、最近のグローバルWi-Fiは、端末自体に大きなバッテリーを搭載したモデルを採用しており、電池もちが劇的に改善しています。

 

従来の端末だと、予備のバッテリーが必須でしたが、新端末では予備のバッテリー無しに、1日中ネットにつなげるほど容量が大きくなっているので便利ですよ。

 

もう一つの方法はスマホのSIMを入れ替える方法です。

 

スワンナプーム空港で入国手続きを終えたすぐ外には、SIM販売ショップが大量に出店しているので、そこで購入することができます。

 

ただ、現地のSIMショップは英語対応であることに加え、かなり並びます。

 

30分以上の時間を取られるのでおすすめしません。

 

このSIM、実は日本のアマゾンで購入可能で、【お急ぎ便】 AIS タイプリペイド SIM 7日間 データ通信定額 100分無料通話つきが売っています。

 

アマゾンが発送することでお急ぎ便にも対応しており、間近に迫ったタイ旅行に十分間に合います。

 

7日間で2.5GBのと十分量の通信量に加え、100分の無料通話もついているので超お得です。

 

一方、SIMは安くて便利なのですが、注意点がいくつかあります。

 

まず、多くの人が使っている、ドコモやソフトバンク、auで買ったスマホはSIMロックがかかっているのでそのままでは使えません。

 

ショップでSIMロックを解除してもらう必要があり、手数料がかかります。

 

また、アクセスポイントなどの設定が必要なので、やはり気軽なのはWiFiレンタルです。

 

 

ネット環境の良い、素敵なタイ旅行をお楽しみください。

 

ちなみにタイのSIMを購入するなら、SIMケースがあると便利です。

 

財布のカードポケットに入るサイズで、シムを紛失する心配がないので良いですよ。

 


【 紛失防止 クレカより薄い SIM カード ケース ホルダー 日本製 】スキマに入る 変換 アダプタ イジェクトピン 4点セット SilverCoral ( ブラック )

提案型の旅行プラン比較

  • 行きたい場所は決まったけど、何しよう、どこに泊まろう?
  • 行きたい場所は決まっているが、具体的な観光地や旅行プラン、最適なホテルはまだ決めていない
  • マイナーな場所に行くのでインターネットの観光地情報が少なくて困っている。
  • 各旅行会社を比較して安くてお得なプランを申し込みたい。

こんな時はタウンライフ旅さがしが便利。


希望の旅行自由記述するだけで、旅行のプロから最適なプランを提案してもらえる。



ホテル選び

海外のホテルは下のサイトからの予約が最安値になる。


ホテル名でチェックして確認してみてほしい。


【agoda(アゴダ)公式ページ】
https://www.agoda.com/

  • サクサク検索できてすぐに見つかる
  • 最安値で掲載
  • 当日限定クーポンが毎日更新


【Expedia(エクスペディア)公式ページ】
https://www.expedia.co.jp/

  • アプリが便利
  • オフラインで旅行予定を確認できる
  • 最安値で掲載

ヒルトンパタヤからパタヤビーチの眺め タイ,ライン,WiFi