名古屋バンコクに就航したエアアジアに乗る

名古屋バンコクに就航したエアアジアに乗る

名古屋バンコク間にエアアジア

名古屋,バンコク,タイ,ドンムアン,セントレア,エアアジア
セントレアからタイに行くには、JAL、タイ国際航空、ANAの三択、もしくは乗り継ぎで行く方法しかなかったが、ついに格安LCCエアアジアが名古屋とバンコクを結びます。

 

エアアジアは安全なのか、快適なのか、実際に登場し詳しくレビューします。

エアアジアとは

エアアジアはマレーシアを拠点とする格安航空会社で、もともとはマレーシア政府の資本で経営、そのご経営状況が悪化し、アメリカが資本を投入。急速に成長した世界でも有数の航空会社だ。

 

現在、エアアジアはマレーシア以外に、インドネシア、フィリピン、タイ、そして日本にも関連会社を設立し、アジア地域を格安で移動できるLCCとして急速に拡大している。

 

いままでエアアジアは関東や関西地区が主力だったが、ついに名古屋にも就航。東海エリアからタイに格安で往復できるようになる。

 

どれほど安いのだろうか。

 

いままで名古屋バンコク間の直行便は、JALとタイ国際空港が最安値で6万円〜7万円に設定されていた。

 

これがエアアジアを使えば、最安値で3万円以下のほぼ半額で往復できるようになる。

 

往復3万円。これ、大阪東京間の新幹線代と同じ。

 

エアアジアの安さに驚くとともに、新幹線がどれほど高いかがよくわかる。

 

エアアジアを予約するには2つパターンがある。

 

一つはエアアジア公式ページ から申し込む。もう一つはSurprice (サプライス)で各社航空券を比較する方法。

 

手軽なのはサプライスで、すでに航空券がパッケージ化されているので気軽に申し込める。

 

公式ページからは、機内食や預入荷物の有無や重さ、座席指定など、様々なオプションをチョイスできる。

 

実際に公式ページを見てみよう。

公式ページから申し込む

エアアジア公式ページにアクセスすると、旅程を入力するページになる。

 

もちろん予約画面はすべて日本語。(日本人がちゃんと運営している)

 

エアアジアはLCCなので、JALやタイ国際空港と異なり、機内食や手荷物、座席指定もすべてオプションで選ぶことができる。

 

機内食不要、荷物は機内に持ち込み、座席も指定しなくてよいなら、格安で予約可能だ。

 

また、機内食はタイ料理、窓際の席で荷物は多めの30sという指定もできる。

 

要するに、必要最小限の費用でバンコクを往復できるので圧倒的に安い。

 

以下は、実際にエアアジアに乗ってみてからレビューする。更新を期待していてほしい。

提案型の旅行プラン比較

  • 行きたい場所は決まったけど、何しよう、どこに泊まろう?
  • 行きたい場所は決まっているが、具体的な観光地や旅行プラン、最適なホテルはまだ決めていない
  • マイナーな場所に行くのでインターネットの観光地情報が少なくて困っている。
  • 各旅行会社を比較して安くてお得なプランを申し込みたい。

こんな時はタウンライフ旅さがしが便利。


希望の旅行自由記述するだけで、旅行のプロから最適なプランを提案してもらえる。



ホテル選び

海外のホテルは下のサイトからの予約が最安値になる。


ホテル名でチェックして確認してみてほしい。


【agoda(アゴダ)公式ページ】
https://www.agoda.com/

  • サクサク検索できてすぐに見つかる
  • 最安値で掲載
  • 当日限定クーポンが毎日更新


【Expedia(エクスペディア)公式ページ】
https://www.expedia.co.jp/

  • アプリが便利
  • オフラインで旅行予定を確認できる
  • 最安値で掲載

ヒルトンパタヤからパタヤビーチの眺め 名古屋,バンコク,タイ,ドンムアン,セントレア,エアアジア